トイレの水漏れ、修理はどうするの?

トイレで水漏れは困ったものです。自分で変なものを流して詰まらせて、それで水漏れしてきたというなら原因ははっきりしていますが、そうでなければどこから水が漏れているのか、原因はなんなのか調べなくてはなりません。一番手っ取り早いのは修理会社に依頼することですが、原因によっては自分で修理できることもあります。まず水漏れしている箇所を特定したら、止水栓もしくは水の元栓を閉めましょう。

修理会社にお願いするにしても自分で直すにしても水の流れは止めておくに越したことはありません。次に水漏れの原因ですが、排水管・給水管のパイプが原因の場合は、ゴムパッキンの交換やパイプについているバルブを閉めてみましょう。温度差によりパイプが結露して、その水滴でトイレ周りが水浸しになっていた場合は、換気扇を回す、定期的に窓を開けて空気を入れ替える、配管にエアパッキングやタオルを巻いて温度差を少なくするなどで対処できます。トイレのタンクから水があふれていた場合は、止水栓を確認しましょう。

止水栓が開きすぎていると水の流れが強くなりすぎ、タンク内の水量が規定の水量を超えてしまうことがあります。原因が止水栓の開き過ぎならばこれで直ります。しかし、これらの方法で直らなかったり、あるいは原因がウォシュレットだったりした場合は、修理会社に依頼しましょう。排水管・給水管が劣化しているなら、排水管や給水管自体を交換しなければいけませんし、ウォシュレットは電気系統の故障だった場合、自分で直すのは難しいです。

自分で直せそうならやってみる、無理そうならば修理会社に依頼した方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です