トイレの水漏れ修理について

トイレから水漏れが起こっていたりトイレが流れなくなるような、トイレに関連した故障が起こった際には修理が必要となります。自分でDIYで対応する場合や、水道工事店などの専門家に依頼する場合の二者択一となりますが、どちらにしてもまず行う必要があることことは状況把握であります。水が漏れている場合はその水の匂いによって、給水系統のからなのか排水系統からなのか、どちらの系統から漏水しているかが判明できます。漏水が給水系統からであった時は、次にどこの管から漏水しているかを調べます。

床や壁や床から取り出されている給水管は、温水洗浄暖房便座とロータンクにつながっていますので、そのどちらから水が漏れているのか確かめます。毎日座る便座は、使用時に振動が発生して器具に伝搬するので、給水管接続部分の緩みを起こしてこれが漏水となることが考えられます。このケースでは、自分でゆるんでいる箇所を工具で増し締めを行うことによって水漏れが止まります。漏れが排水系統からであった時は、床下の便器と排水管と接続部に隙間ができたことによって漏れが起こったと考えられます。

毎日便座に座るため給水管と同様に、発生した振動が接続部に伝搬して排水管がずれることも考えられます。この場合は便器を取り外す必要がありますので自分で対処することは難しく、水道工事店などの専門家に修理を依頼をすることが賢明です。対処が一時的とはなるものの、床面と便器の隙間をコーキング材などでシールすることによって漏れを抑えることは可能です。トイレは毎日使用するものですのでいったん水漏れすると、修理が終わるまでの間は使用することができなくなってしまいます。

自分で行う簡易的対処法はあくまでも一時的なものでありますので、水道工事店などの専門家に依頼をすることや、夜間や祝祭日の対応可能な漏水修理業者に依頼をすることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です